医療現場で使われる精密機器

皆が知っている医療用の精密機器の種類について

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

一番ポピュラーな医療機器とは?

人の脳の中と言うのは特定の機器じゃないと調べられないのです。 そこで、使用されるのがMRIです。 これは様々な角度から脳の中を撮影する事で、脳の病気や異変を発見するのです。 強い磁石で出来た機器の中に横になり脳の血管や臓器を撮影します。 脳の病気だけではなく様々な体の異常を発見出来ます。

CT検査について

X線と言う物を使用して体内の側面を撮影するのがCTです。 なので、細かくて細い血管までよく見えます。 体内の様々な所に潜んでいる病気を発見する事が出来ますし、早い段階で発見出来れば早期治療を行う事が出来ます。 中でも心臓や、肺、肝臓、腎臓の異変に対して優れた威力を発揮します。

内視鏡の詳しい説明

内視鏡とはチューブの先に小型のカメラが付いており胃や腸の異変をカメラを通して確認する事が出来ます。 最近では、異変があった場合にすぐに処置が出来るようにレーザーナイフが付いていたりします。 様々な角度に動く為、胃の隅々まで確認する事が出来ます。 体の様々な所から内視鏡を入れる事で癌やポリープを発見します。

脳の病気を調べるのに使用します

医療機器の中で思いつきやすいのが、人工呼吸器ではないでしょうか?
人は普段、自然と呼吸をしていますが、何かの拍子に自発呼吸が出来ないケースもあります。
それは、病気であったり事故にあったりした時に呼吸困難になったり、呼吸が止まってしまうのです。

なので、その時に活躍するのが人工呼吸器です。
人の口と口を合わせて行う人工呼吸もありますが、機器の場合は肺での呼吸を助ける為に使用するのです。
呼吸を人工的に行う事で生命を維持したり管理が出来ます。

例えば、病気で呼吸がだんだんと出来なくなってしまう患者さんには、呼吸を助ける為の人工呼吸器が必要になります。
呼吸を補う事で、呼吸が整って生きる事が出来ます。
人工呼吸器は在宅医療の現場でも活躍しています。

人の生活の質を守るだけではなく、在宅医療の大変さを少しだけ軽減しています。
人工呼吸器は、呼吸の代わりになる事から、「肺の人工的な臓器」とも呼ばれています。
臓器の負担を軽減する為の医療機器は人工呼吸器だけではありません。

人工呼吸器のイメージと言うのはどうしても延命治療の一貫として印象が残っていると思いますが、あくまでも「呼吸治療」として呼吸を支える為に行われているのです。
この機器を使用するにあたり、誰でも使用出来るわけではないようです。
呼吸をするのが苦しいと感じるレベルにならないと使用が許可されませんし、家族の同意も必要不可欠になっています。
様々な人工呼吸器があるようですが、一般的には口に透明なマスクを付けた機器が一番多く使用されています。